JRグループ>周遊きっぷ見直し


 現在発売されている「周遊きっぷ」は32の周遊ゾーンが発売されていますが、3月31日をもって19の周遊ゾーンが発売終了となります。
 当初から使いにくい設定でしたが、年々縮小され今度の改正で、ほぼ息の根を止められそうな勢い。
 特に本州は、「東京ゾーン」と「京阪神ゾーン」以外は全滅です。

  周遊券時代が懐かしい・・・。


 発売終了となる周遊ゾーン

 ・北海道ゾーン(10 日間用)
 ・札幌近郊ゾーン
 ・飛騨・奥飛騨ゾーン
 ・富山・高岡ゾーン
 ・加賀・能登ゾーン
 ・越前・若狭ゾーン
 ・近江路ゾーン
 ・南紀ゾーン
 ・北近畿ゾーン
 ・山陰ゾーン
 ・岡山・倉敷ゾーン
 ・広島・宮島ゾーン
 ・津和野・秋芳・萩ゾーン
 ・下関・北九州ゾーン
 ・高松・松山ゾーン
 ・徳島・室戸・高知ゾーン
 ・熊本ゾーン
 ・宮崎ゾーン
 ・鹿児島ゾーン

 発売継続される周遊ゾーン

 ・北海道ゾーン(5日間用)
 ・札幌・道東ゾーン
 ・札幌・道北ゾーン
 ・札幌・道央ゾーン
 ・札幌・道南ゾーン
 ・東京ゾーン
 ・京阪神ゾーン
 ・四万十・宇和海ゾーン
 ・四国ゾーン
 ・九州ゾーン
 ・福岡ゾーン
 ・長崎・佐賀ゾーン
 ・大分ゾーン

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • JRグループ>周遊きっぷ販売終了

    Excerpt:  JRグループは、3月31日利用開始分をもって、周遊きっぷの発売を終了することを発表しました。  1年前の見直しで、一気に19ゾーンが廃止され、13ゾーンのみ残された時点で、ほぼ役目を終えていたとも.. Weblog: 鉄道の旅・情報館 racked: 2013-02-16 13:42