南阿蘇鉄道>全線復旧は5年以上

 国が調査を行っていた、南阿蘇鉄道の熊本地震による被害状況の調査結果が発表されています。

 http://www.mlit.go.jp/report/press/tetsudo01_hh_000113.html

 これによると、立野~長陽間の、第一白川橋梁、犀角山トンネル、戸下トンネルの被害が大きく、復旧工事は3年から5年。
 工事費は65~70億円かかる見込みです。第一白川橋梁は、変形していて新しく作り直さないレベルで、これで5年の期間がかかりますが、災害特例法により、国の予算で復旧できるようです。

 長陽~中松間の復旧工事は、約1年ですので、この区間が先行開業ですかね。
 もっとも、接続先となる、豊肥本線の方の復活がどうなることやら・・・です。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック