JR北海道>2019年春ダイヤ改正

 JR北海道のダイヤ改正情報です。

 1.北海道新幹線・青函トンネル内速度向上
   JR東日本でもふれた、北海道新幹線・青函トンネル内の160km/h走行開始で、各列車とも、新青森~新函館北斗間の所要時間が最大4分短縮される。
 2.「はこだてライナー」運転時間見直し
  北海道新幹線が所要時間短縮した分、新函館北斗での接続改善が図られます。

 3.「スーパー北斗」への261系投入
  これにより、261系で運転される「スーパー北斗」は、7往復から9往復に
  281系の「スーパー北斗」は、4往復から2往復になります。
  車輛変更になった「スーパー北斗」は、車両は新しくなりますが、所要時間は2~8分伸びます。

 4.スーパー北斗23号の停車駅が南千歳を通過し、千歳停車に変更。
  これにより、千歳で最終通列車に乗り継げるようになり、千歳~上野幌間の各駅へのアクセス向上が図られます。

 5.スーパーおおぞらの停車駅見直し

   トマムには「スーパーおおぞら4号」が停車するようになり、「スーパーおおぞら」、「スーパーとかち」全列車が停車。
   新夕張、追分に「スーパーおおぞら」3本が停車。これにより、追分~新夕張間の普通列車を10本から5本に削減。

   追分~新夕張間の普通列車での移動は、また難しくなりそうです。

 6.普通列車
   札幌都市圏で一部、延長、増発
   宗谷線、石北線で、時刻見直し。
   旭川発の快速「きたみ」は約1時間繰り上がり、石北線特急とあわせ、運転間隔の平準化が図られます。
 
 7.根室線の3駅を廃止
   直別、尺別、初田牛

https://www.jrhokkaido.co.jp/CM/Info/press/pdf/20181214_KO_H31Kaisei.pdf
   

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック