JR九州>佐世保線に振り子特急導入

 長崎県、佐世保市とJR九州は、2022年に予定されている九州新幹線西九州ルートの開業に合わせ、

  ・佐世保~有田間の高速化に必要な地上設備の整備
  ・博多~佐世保間の特急列車に振り子車両を導入

 することで、合意したそうです。
 この改良により、博多~佐世保間の所要時間は、現行の110~120分から、約8分の短縮となり、上下10本程度の運行本数を予定しているそうです。

 単純に、九州新幹線西九州ルートの開業により、余剰となった885系が転用されると想定されますが、博多~武雄温泉間の区間運転となる(仮称)「かもめリレー号」と一体になった運用が行われると思います。

画像

佐世保線特急「みどり」



 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック