JR東日本>東京ー仙台直通特急運行へ


 JR東日本は、2019年度末に予定されている常磐線の全線復旧にあわせ、東京都区内と仙台市内を直通で結ぶ特急列車の運行を行うことを発表しました。
 運行開始にあわせ、E657系を増備するとのことです。
 
 東日本大震災前は、651系の7両編成や4両編成での運行で、E657系の導入時にいわきで、系統を分離。
 いわきー仙台間にE653系4両編成を用いた特急を新設し、愛称の公募まで実施していましたが、大きく方向転換されました。

 10両編成の直通列車を運行するほどの需要はないと思われますが、原発事故絡みで、当初計画に横やりが入り、また、JRとしても、専用車両を準備することを辞めることで、車両運用の効率化が図れると見込んだと思われます。

 愛称は、「ひたち」のままとするか、過去に公募した中から選択。新たに公募されるのいずれかとなると思われます。

Imgp9952.jpg
E657系


  https://www.jreast.co.jp/press/2019/20190709.pdf 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント