JR九州>九州新幹線長崎ルート迷走へ

 与党の整備新幹線建設推進プロジェクトチーム検討委員会は、月内決着を目指していた新鳥栖~武雄温泉間の整備方式決定の先送りすることにしました。
 2022年度に先行開業する武雄温泉~長崎間とのアクセスは、少なくとも10年は在来線特急との連絡方式になります。
 もともと、フリーゲージトレインが乗り入れる前提で、肥前山口~武雄温泉間の複線化も行う予定でしたが、どうなるのでしょうね?
 783系、787系、885系も耐用年数ありますので、計画が延びると車両更新計画にも影響でそうです。
 また、これだけ迷走すると、先行開業する長崎ルート用の新幹線車両もどうするのか、悩ましいですね。
 800系を転用するのが、個人的には良いかな?とも思います。

画像

"JR九州>九州新幹線長崎ルート迷走へ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント