熊本空港アクセス鉄道

 熊本空港アクセス鉄道の建設に向け、熊本県とJR九州で協議が行われていましたが、アクセス鉄道の整備方針で合意に達したそうです。

 ルートは3案ありましたが。豊肥線の三里木から分岐し、総合運動公園、運転免許センター等を経由し、熊本空港へアクセスするルートとなる予定です。このルートだと、途中施設の利用者も見込め、利用客数が多いことがポイントとなったようです。
 鉄道設備は、熊本県が出資する第三セクター鉄道が保有し、JR九州が運行を担当する形態を予定しています。

 地元の大津町は、空港ライナーの整備も行なっていますし、JR九州は、肥後大津まで電化していることもあり、電化区間の終点から延伸する形で、肥後大津~熊本空港間の建設を押していましたが、熊本県がJR九州の了解を得るため、三里木~熊本空港間は区間運転とし、熊本への乗り入れは行わないことを条件に、合意にこぎつけました。
 ただし、将来的な熊本乗り入れの目は、熊本県が設備の整備を行うことを前提に残すとのことです。

 熊本駅に乗り入れない空港アクセス鉄道なんて、常識では考えられないですが、まずは線路を建設するということを優先したということでしょうか。
 開業後、利用が低迷し、すぐに熊本駅乗り入れの検討を推し進めることになると、想定されますので予め考慮しておいた設計にすべきだと思います。

画像

肥後大津駅(北口)
副駅名は「阿蘇くまもと空港駅(空港ライナーは南口発着)」



画像

肥後大津駅と熊本空港を結ぶ「阿蘇くまもと空港ライナー」




 阿蘇くまもと空港ライナー : https://kukouliner.com/



"熊本空港アクセス鉄道" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント