JR九州>日田彦山線不通区間はBRTで


 2月12日に実施された「第5回日田彦山線復旧会議」で、JR九州から提案されていたBRTでの復旧案について議論が行われました。
 東峰村以外の福岡県、大分県、添田町、日田市からは、おおむね良好に受け止められていることが報告されています。
 次回3月の会議で、BRTでの復旧を軸にして、議論が進められる予定です。

 これで、不通区間の鉄道での復旧の可能性は、ほぼ無くなりました。
 残念ながら、これが現実的な解だと考えられます。

 第5回日田彦山線復旧会議 資料>福岡県
 http://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/hitahiko-hukkyuu5-siryou.html

"JR九州>日田彦山線不通区間はBRTで" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。