姫路モノレール>廃線跡

 1974年に運行休止となり1979年に廃止となった、姫路市交通局モノレール線。  廃止から40年の月日がたち、大将軍駅が入っていたアパートは、跡形なく撤去され、更地化されていますが、まだ痕跡残っていますね。まるで、ラピュタのような感じもします。    一部は、新幹線の車窓からも確認することができます。 山陽新幹線の下をくぐ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道>北海道新幹線320km/h運転へ

 北海道新幹線は、整備新幹線につき最高速度260km/h前提で、建設中ですが、JR北海道は国土交通省に、320km/h走行を前提とした工事を申請しました。追加となる費用については自社負担とするそうです。  追加となる額は、約120億円。所要時間の短縮は5分を見込んでいます。  追加となる内容は、    ・約30か所のトンネ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR東日本>上越新幹線速度向上へ

 JR東日本は、2022年度末までに上越新幹線の車両をE7系に統一。  最高速度を現行の240km/hから275km/hに向上させることを発表しました。  これにより、大宮~新潟間で最大7分の時間短縮が図られる予定です。  これにあわせ、2019年度より地上設備の更新が図られます。  また、大宮~高崎間で線路を共有す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北大阪急行電鉄>延伸事業の3年延期へ

 2020年度の開業を目指していた、北大阪急行電鉄の千里中央~箕面萱野間(2.5キロ)ですが、設計及び工事工程の見直しにより、開業時期を2023年度に延期することになりました。  遅れることはもう少し、早くわかっていたと思われますが、残念ですね。  安全に工事が進み、一日も早く開業する時を待ちたいと思います。   http…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京王電鉄>2019年度設備投資

 京王電鉄は、019年度の鉄道事業設備投資に総額297億円の投資を行います。  主な投資内容は以下の通りです。  1. 安全性の向上   (1)京王線(笹塚駅~仙川駅間)連続立体交差事業     用地取得および高架橋の基礎工事   (2)ホーム安全対策     飛田給駅にホームドア設置     仙川、分倍河原、橋本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京王電鉄>新宿駅改良計画

 東京都と新宿区で、新宿駅周辺の再編整備計画を策定しています。  この内容を見てみると、京王新宿駅は大規模な再編を予定しているようです。  ポイントは、以下の通り。   1.ホームを丸の内線側に移動。   2.ホーム階に改札口を設置し、丸ノ内線への動線を確保。  計画完成まで、かなりの時間かかると思いますが、利便性…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR東日本>尾久車両センターに留置されている編成

 上野駅手前で抑止された新幹線車内から見た尾久車両センターの様子です。  上部の奥側にいる「オーシャンアロー」風の青色の編成は、何だろうと思いましたが、どうやら「踊り子」用のE257系のようです。  色使いから見て、一瞬、E261系「サフィール踊り子」かと思いました・・・。  なお、尾久駅ホーム側には、「あずさ/かいじ」色のE…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京王電鉄>5000系「令和」ヘッドマーク

 新元号の制定に合わせ、4月30日から5月1日にかけて、「京王ライナー 平成→令和号」が運転され、「令和」のヘッドマークを掲出し運行されましたが、当該編成の5033Fにまだ、ヘッドマークが掲出されています。 「令和」ヘッドマークを掲出した5000系
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京王電鉄>明大前駅の発車案内板

 京王電鉄・明大前駅の発車案内板における「京王ライナー」の扱いです。  駅前後の踏切の関係で、「京王ライナー」が運転停車するので、ご丁寧に発車案内はありますが、時刻は空欄、行先は「ご乗車になれません」です。  笹塚などの駅では、「通過」なのです、他の駅ではなかなか見られない表示かと思います。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西武鉄道>Laview初乗車

  西武鉄道の新しい特急車両001系「Laview」に乗車してきました。   他の列車に空きはあるようですが、Laviewを使用する列車は満席が多く見られます。   乗り心地は、静かで良いですね。   なお、レッドアローは7両編成なのに、「Laview」は8両編成なので、池袋駅ホームからはみ出す形で停車。   現在は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小田急電鉄>2019年度投資計画

 小田急電鉄の2019年度の設備投資計画が発表されました。  長年の複々線工事が完了したことから、サービス向上と安全対策への投資が主となります。  内容としては  ・5000形通勤電車の新造 2019年度は1編成10両。  ・EXEのリニューアル(1編成)  ・1000形リニューアル(2編成)  ・駅舎改良工事(参宮…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京王電鉄>天皇陛下御即位記念乗車券

 本日から令和になるということで、  各社から新しい天皇陛下が御即位した記念乗車券が発売されています。  このうち、京王電鉄から発売された記念乗車券、入手しました。  一日乗車券と小人100円区間の乗車券がセットで、1セット1,000円でした。 記念乗車券 しおり 一日乗車券 聖蹟桜ヶ丘→山田間小人片道…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富山ライトレール>富山地方鉄道と合併へ

 2020年2月に、富山ライトレールと、富山地方鉄道が合併。  富山地方鉄道が存続会社となり、富山ライトレールは富山地方鉄道の一路線となります。  2020年3月には、富山ライトレールと富山地方鉄道の路線が接続され、一体となった運用が開始されます。  運行形態や運賃などは、今後協議を行うそうですが、都心循環線へ乗り入れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR九州>日田彦山線復旧案提示

 九州北部豪雨で被災し、不通となっている日田彦山線の添田-夜明間。  沿線自治体との復旧会議の場で、JR九州は、復旧案を3案提示しました。   1.鉄道での復旧   2.BRTでの復旧   3.バス転換  今後、この3案をベースに復旧方法について議論していくことになります。  運休が長期化していますが、どうなるで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秩父鉄道>鉄道車両公園から車両を撤去へ

 秩父鉄道三峰口駅構内の鉄道車両公園に保存している車輛の一部を撤去するそうです。  SL関連設備の充実及び、老朽化した車両の撤去の目的があるそうです。  撤去は5月より開始し、7月頃に終了とのこと。  鉄道車両公園の車両は野ざらしなので、保存には苦労が多いと思いますが、老朽化していくのは残念ですね。  新しくなった暁には、ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more