テーマ:JR北海道

JR北海道>石勝線・清水沢駅

 清水沢駅は、三菱石炭鉱業大夕張鉄道線との分岐駅でした。  現在、線路1本の棒線ですが、以前は側線が多数ある駅で、列車交換も可能でした。  周囲には商店街がありますが、開いている店は少なかったです。   清水沢駅 発着する列車
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道>石勝線・沼ノ沢駅

 先日、夕張支線に乗車してきましたので、少しご報告。  まずは、沼ノ沢駅です。  沼ノ沢駅の周囲はさびしいところですが、駅舎にはレストラン「おーやま」が併設され、食事ができます。  夕張特産の長芋を使用した料理が特徴だそうで、「長いもベーコンカレー(¥1,480)」」を食しました。  地方のレストランにしては、少しお高い感じ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道>夕張支線ダイヤ変更

 JR北海道は、石勝線・夕張支線を走行する日中の普通列車2本の、運転時刻を8月11日より変更しています。   変更となる列車は、下記2本で   夕張発が     12:34→12:38     16:31→16:40   と、それぞれ4分と9分、夕張駅での滞在時間を増やしています。   これにともない、夕張~新夕張間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道>新千歳空港周辺路線の再整備を検討

 新千歳空港駅と周辺鉄道路線を再整備する計画が、JR北海道と国土交通省によって検討されているようです。  報道等の内容によると、    ・南千歳~新千歳空港駅間の複線化。    ・苫小牧、石勝線方面への直通連絡線の整備  が、検討されているようです。  新千歳空港駅は1992年の開業で、JR北海道の稼ぎ頭ですが、1面2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道>北海道新幹線札幌駅

 建設位置で揉めていた、北海道新幹線の札幌駅の場所が、大東案で決着する方向で最終調整中です。  札幌駅を高架にした際に、将来の北海道新幹線用用地が確保されていたのですが、その場所にJRタワーを建設。  JRタワーが、JR北海道の稼ぎ頭になったため、建設用地をめぐって、大いに揉めることになりました。  最終調整中の案は、JR…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道>新十津川駅での滞在時間伸びる

 1日1往復の運転で、終列車が日本一早い新十津川駅発の列車の発車時刻が、3月ダイヤ改正で20分延び、10時発となるそうです。  前回、乗車時には、下徳富で下車し、南下徳富から乗車しましたが、29分でも結構余裕なかったので、駅めぐりには重宝しそうです。  もっとも、折り返しの乗車は、飽きちゃいますし、折り返し乗車する人も少ないのが、現…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道>淘汰が進むキハ183系

  2018年3月のダイヤ改正で、函館線特急「北斗」からキハ183系が撤退しキハ261系化。   愛称も「スーパー北斗」に統一されます。   残るキハ183系は、「オホーツク」と「大雪」のみとなり,「北斗」用のキハ183系も転用され、初期の183系は廃車となります。    キハ183系「北斗」
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道>快速エアポートを毎時5往復化へ

 JR北海道は2020年をめどに、札幌-新千歳空港間の快速「エアポート」を1時間に4往復から5往復に増発するそうです。  これにより、日中、15分間隔から12分間隔になる予定で、すでに4編成24両の車両を発注しているそうです。  これまで、増便に当たり、札幌貨物ターミナル付近の立体交差化が必要と言われていましたが、信号や変電所の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道>各線収支を公表

  経営難に陥っているJR北海道が、平成28年度の各線区の収支を公表しました。   資料によれば、平成28年度も黒字線区なし。管理費を除けば、札幌都市圏で99円で、わずかに利益があるだけです。   かなり苦しい経営状況のようです。    また、修正係数が悪い線区は、    根室線・富良野~新得          2,6…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道>幾寅駅

 約18年ぶりに幾寅駅を通過。  今では、列車の発着が無くなってしまい、存続の危機に瀕していますが、映画「鉄道員(ぽっぽや)」の人気は健在のようです。  駅前には、映画の撮影に使用されたセットが展示されています。 列車のこない幾寅駅 映画で使われたセット及び車両 乗車した列車代行バス
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道>東根室駅

 この夏、20年ぶりくらいに東根室駅を再訪しました。  駅の雰囲気は変わりませんが、列車本数は減った印象です。  また、隣接駅は「はなさき」でしたが、「にしわだ」のラベルは貼りつけられているのが、痛々しいです。  ネットの写真見ると、駅前に駅名票と看板があったようですが、駅名票は無くなり、看板がリニューアルされています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道>標津線・根室標津駅跡

 標津線の根室標津駅の跡へ。  往時の駅の面影はありませんが、広い空き地が駅跡を彷彿させます。  根室標津駅には転台車が残っており、C11-224が片隅で整備されていました。  訪れた日の約1週間後に、転台車に乗せられたそうです。 整備中のC11-224 きれいになった転台車 SLの形をした神社 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道>標津線・奥行臼駅跡

 この夏、レンタカーで、根室から羅臼、宇登呂、網走へ走ってきました。  その中で、標津線の奥行臼駅が書籍で紹介されていたので、行ってみました。  周囲に人影が無く、駅舎も近くにある奥行臼駅逓所の修理のため管理人が不在となることから、平成30年まで駅舎は封鎖されるとのこと。残念ですが、ホームや周囲を散策しましたが、結構虫が飛んでい…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

鉄道菓子>釧網線べい

 この夏、網走で見つけたせんべい菓子。  その名も「釧網線べい」  北海道産じゃがいもでんぷん、黒ゴマ、食塩、膨張剤を材料とし、網走の古川製菓さんで、製造したせんべい菓子です。  味は、薄目でしたが、特産品となると良いですね。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道>H100形気動車導入へ

  JR北海道は、老朽化したキハ40系の置き換えとして、新型気動車H100形気動車を導入することを発表しました。   JR東日本が開発中のGV-E400系をベースに北海道の寒冷地対応を施した車両となるようです。   平成30年2月に量産先行車2両が完成し、約1年試験運転を行い量産投入となります。   暗い話題が続く、北海道にと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道>10駅廃止

 3月3日限りで、JR北海道の10駅が廃止されました。  このうち、千歳線の「美々駅」はIC乗車券エリアにも関わらず、なんとも勿体ないですね。    とは、いえ駅前には道以外何もなく、上空を新千歳空港発着の飛行機が飛び交うのどかな場所にもかかわらず  それなりに列車本数はありましたので、寂しい印象はありませんでした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道>キハ285系廃車

 25億円かけて開発、試作までこぎつけたものの、JR北海道の経営方針が、速度から安全へと移行せざるを得なかったこともなり、廃車となっていた苗穂工場のキハ285系が解体されたそうです。  ピカピカの新車なのに、ろくに活躍もせずにスクラップ化。  なんとも、もったいなかったですね。 苗穂工場に留置中のキハ285系
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

JR北海道>日高線にDMV導入?

 JR北海道が廃止を打ち出した、日高線・鵡川~様似間。  沿線自治体は、被災区間の復旧を断念しますが、DMVを導入することで被災区間は道路を走行し、他の区間は鉄路を走行させることを検討することにしたそうです。  実現に向けての壁は高いと思われますが、JR北海道が導入断念した技術を誰が主導で技術開発するのでしょうか?  日常…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

JR北海道>日高線・鵡川~様似間の復旧断念

  JR北海道は、不通になっている日高線(鵡川~様似間)の今後の在り方について、沿線自治体と協議を行ってきましたが、話が平行線でまとまらないこともあり、復旧を断念し、正式にバスに転換すると発表しました。  JRだけでは、どうしようもないことは分かっていましたが、北海道や沿線市町村とのお話が進展を見せないのでは、廃止になるのもやむを…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道>3月4日ダイヤ改正

 JRグループのダイヤ改正が来年3月4日に実施されることになりました。  今回の改正は、北海道内で大きな動きあります。  主な内容をピックアップすると  ・「スーパー宗谷」、「サロベツ」のうち、2往復を旭川~稚内に短縮し、札幌~稚内間直通は1往復に削減。   車両はキハ261系に統一し、愛称は「宗谷」:札幌~稚内間 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道>石勝線根室線不通区間の運行を12月22日より再開

  JR北海道は、8月の台風の影響で3橋梁が流され不通となっていた、石勝線・根室線のトマム~芽室間の運行を12月22により再開すると発表しました。   これにともない、運休となっていた「スーパーとかち」、「スーパーおおぞら」の運行も再開され15日より前売り指定券の発売も開始されます。   関係者の努力により、年末年始の輸送には間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道>10路線13線区の存続見直しへ

 JR北海道が自社での存続が困難な路線を18日にも公表する予定ですが、その路線・線区が判明しました。  対象線区は1,200キロに及び、保有路線の50%に相当する異常な事態です。  対象路線は以下の通り。 今後の動向に注目です。 <廃止の方針>  1.札沼線 北海道医療大学~新十津川  2.根室線 富良野~新得  3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道>留萌線で臨時列車運転

 廃止まで1ヶ月を切り、お別れ乗車の需要が増加している留萌線ですが、11月1日より   旭川~増毛間:1往復   留萌~増毛間:1往復  の臨時列車が運転されています。    20日までは、土・日・祝日(2両)    23日から12月4日までは毎日(3両)  の運行となっており、停車駅は、深川、留萌のみの快速…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道>3線廃止検討

 JR北海道は輸送密度が、1日1キロ当たりの乗客数が200人未満の3区間を廃止する方向で検討しているそうです。  廃止対象となっているのは、以下の3線。     札沼線 北海道医療大学~新十津川間  81人   根室線 富良野~新得間           155人   留萌線 深川~留萌間             177人…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道>悲運のキハ285系

 「スーパー北斗」、「スーパーおおぞら」用の置き換えとして開発されたキハ285系ですが、JR北海道の経営難及び事故の多発により、安全対策への投資が優先され、高速化等の意欲的な研究開発は中止状態となっています。  このため、苗穂工場の敷地内には、完成して半年で廃車となったキハ285系が留置されています。  このまま、朽ちてしまうのは惜…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道>札沼線・南下徳富駅

 下徳富駅から、徒歩で南下徳富へ移動。  時間的余裕が無いので、早歩きじゃないときつい状態でした。  一緒に、下徳富駅で下車された方も、しばらくして南下徳富駅へやってきました。  考えること、皆さん同じですね。(笑)  こちらの、南下徳富駅には駅舎、待合室がありませんでした。  雨や雪の日は、大変だと思いますが、1日1往復…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道>札沼線・下徳富駅

  於札内駅から乗車した人間は、私一人でした。   下徳富駅で下車するもの好きは、私一人だろうと思いましたが、同業者が1名いました。(笑)   下徳富駅には駅舎があります。周囲には住宅街もあり、雰囲気は明るいところでした。   が、札沼線のダイヤが使い物にならないので、駅舎も朽ち果てるのを待つだけになるのかな・・・。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道>札沼線・於札内駅

 列車の時間まで余裕があるので、徒歩で於札内へ移動。  国道からかなり、離れた田んぼの中に駅はありました。    ホームの待合室には、自由ノートが置かれていました。  ノート読むと、みなさん、浦臼などから歩いてきていらっしゃるようです。 於札内駅 駅名標 発車時刻案内
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道>札沼線・鶴沼駅

  2016年3月のダイヤ改正で、1日1往復に削減されてしまった、札沼線の浦臼~新十津川間。   完全に鉄道の使命を終え、今では完全に免許維持路線の様相です。   この区間の廃止も近いと想定されることから、各駅に行ってきました。(笑)   奈井江~浦臼間に浦臼町営バスが走っていますが。土休日は運休とのこと。   奈井江駅…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more