テーマ:IC乗車券

JR西日本>2022年春 ICOCAエリア拡大

 JR西日本は、2022年春に、山陽線・南岩国~徳山駅間でICOCAを使用できるようにするそうです。  これにより、200km以内の制限はありますが、金沢から徳山までIC乗車券のみで、下車しながら移動することも可能になります。  なお、岩徳線は今回、エリアに含まれませんが、岩国~徳山間の運賃は、やはり岩徳線経由で算出するので…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

JR東日本>2020年春Suicaエリア拡大

 JR東日本は、2020年春に常磐線のSuicaエリアを拡大するそうです。  拡大される区間のうち、いわき~浪江間は、首都圏エリア。小高~原ノ町間が仙台エリアになるそうです。  これにより、浪江~小高駅間の桃内駅だけ、エリア外となります。  いっそのこと、仙台エリアと首都圏エリアをくっつけたら良かったのに・・・と思うのは、…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

JR東日本、JR西日本、JR東海>IC定期券のサービス向上

 JR東日本、JR東海、JR西日本の3社の、会社間をまたがる区間の定期券は、IC定期券の発行ができませんでしたが、2021年春以降、IC定期券の発行が可能となり、乗車できるようになります。(新幹線、在来線とも)  これにより、熱海~三島間とか、米原~大垣間などの区間がIC化できるほか、新幹線定期券もIC化できることになります。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR東海>TOICAエリア拡大

 JR東海は、2019年3月3日より、IC乗車券「TOICA」で乗車できるエリアを拡大することを発表しました。  新たに乗車できる区間は、      東海道線:関ヶ原~醒ヶ井間    御殿場線:御殿場~下曽我間    関西線 :四日市~亀山間    愛知環状鉄道:岡崎~高蔵寺間  です。  JR西日本の米…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

阪急、阪神、能勢、北急>ICOCA発売

 阪急電鉄、阪神電気鉄道、能勢電鉄、北大阪急行の4社は、ポストペイ方式のPiTaPaを発売していますが、2019年春から、プリペイド方式のICOCA、ICOCA定期券の発売を開始します。  これにともない、スルッとKANNSAIカードの流れをくむ、磁気カード「レールウェイカード」は、発売を終了します。  全国的にICカードが普及…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR東日本>東京駅開業100周年記念Suica

 購入希望者全員が購入できることになった、東京駅開業100周年記念Suica。  結局、募集期間中に集まった注文枚数は、499.1万枚に達したようです。  98億円の売り上げですか・・・。  結構おいしい商売のような気もしますが、増刷に1年かかり、送料や振込手数料は負担となるようですが、収支はとんとんなのかな?    …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR東日本>Suica専用自販機

 JR東日本駅構内の自動販売機に交通系ICカード専用の自動販売機が登場しました。  購入は、交通系ICカードのみ可能で、発売額は従来の10円単位から1円単位と変更になっています。  現時点で、設置されている駅は、東京、品川、池袋、秋葉原、上野の5駅です。 交通系IC専用自動販売機
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR東日本>東京駅開業100周年記念suica

 1月30日から申し込みが始まった東京駅開業100周年記念Suica。  2月2日8時の時点で、申し込み数が約170万枚に達しているとのこと。  最初、17万枚かと思いましたが、桁が違いました。  あれだけ、話題になったので購入希望者が殺到したみたいですね。  1枚2,000円なので単純計算で34億円の増収となります。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

東急電鉄>10円単位のチャージ取扱い開始

 東急電鉄では、これまで1,000円単位であった交通系IC乗車券へのチャージ金額を10円単位にあらためたそうです。  これまでは、清算機や窓口では取り扱っていましたが、乗車前にチャージすることができるようになります。  コレクター向けには最適な機能ですね(笑)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仙台市交通局>ICSCA

   仙台市交通局で、12月6日より利用開始となったICSCAカード。  先日、帰省したおり、購入してみましたが、まだお試し状態で、普及率は低く、カード乗車券タイプの方が利用率は高かったです。  来年開業予定の東西線、2016年春を予定している仙台地区Suicaとの相互利用が始まれば、本格的に普及してくると思われます。  S…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊予鉄道>ICい~カード

 松山地区に導入されたICカードを購入し使用してみました。  関東地区に普及しているSuica/PASMOとの違いは、割引サービスですね。  関東地区では、PASMOでバスに乗車すると、乗車回数に応じて割引サービスがありますが、伊予鉄道では、1回毎に約10%(10円未満切り捨て)の割引があります。この他、一部店舗では、物品購入時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Suica/SUGOCA/nimoca/はやかけん相互利用開始

 3月13日より、JR東日本の交通系ICカード乗車券である「Suica」と福岡地区の交通系ICカード乗車券「SUGOCA(JR九州)」、「nimoca(西日本鉄道)」、「はやかけん(福岡市交通局)」のIC乗車券・電子マネーの相互利用が始まった。  これにともない、Suica系カードが使用できる店舗には、使用できる電子マネーカードの種別…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more