テーマ:廃止

JR東海>700系3月8日ラストラン

 JR東海の700系が3月8日ラストランを迎えることが発表されました。  ラストランは、東京9:47発新大阪12:20着の「のぞみ315号」となります。  全席指定で、指定券は2月8日に発売となります。さすがに、瞬殺になりそうな気がします。  これに先立ち、2月12日より2編成にヘッドマークとサイドステッカーによる装飾が行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR東日本>大船渡線・気仙沼線の鉄道事業廃止届提出

 JR東日本は、東日本大震災で被災した大船渡線・気仙沼~盛、および気仙沼線・柳津~気仙沼間の鉄道事業廃止届を提出しました。  すでに線路は外され、BRTによる運行となっていますが、鉄道による復旧は完全に完全に無くなりました。  来年3月の常磐線の復旧で、東日本大震災で被災した路線は、一通り処遇が決まったことになりますね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR東日本>北陸新幹線水没編成廃車

 台風19号による河川の氾濫で浸水した北陸新幹線8編成をすべて廃車とすることを発表しました。  西日本も2編成廃車するので、計10編成が廃車となります。  通常運用では、24編成が必要ですが、残ったのは20編成と、4編成足りません。  このうち、北陸・上越用の共通予備1編成を北陸線用に、2020年春に向けて上越用に投入され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道>日高線不通区間廃止へ

2015年以来、不通が続いている日高線の鵡川~様似間はJR北海道が単独では維持困難な路線として、仮に復旧したとしても、年間の維持コストの支援を沿線自治体に求めていますが、沿線7市町村の意見がバラバラで、方針が決まらない状態でしたが、10月の会合で多数決で方針を決めるとのことです。  これまでの議論で、5市町村は廃止。浦河町は全線…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

太平洋石炭販売輸送廃止へ

 北海道新聞によると、国内唯一の石炭輸送鉄道である、釧路の太平洋石炭販売輸送・臨港線が6月にも廃止となる見込みだそうです。    荷主である、釧路コールマインの採炭量が減り、1日1本の貨物列車が運転できるかどうかの水準まで輸送量が落ち込んでいることが原因であり、最短で、3月中に運休。6月廃止となります。  1日でも長く、走って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

関西電力>トロリーバス廃止

 関西電力が運行する鉄道らしくない鉄道である「トロリーバス(扇沢~黒部ダム間)」が、今年度のアルペンルートの営業終了日(11月30日)をもって、廃止となりました。  来年4月の営業再開時には、鉄道ではなく、バスでの影響となります。(見た目はほぼ変わりませんが・・・)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

関西電力>アルペンルートのトロリーバス廃止へ

 関西電力は、立山黒部アルペンルートの扇沢~黒部ダム間で運行しているトロリーバスを2019年4月より電気バスに置き換えることを発表しました。  これにより、同区間の鉄道事業の廃止届が8月28日に提出されました。  現在のトロリーバスは導入後20年以上たっているとのことで、置き換えの検討をしていましたが、総合的に電気バスに置き換え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道>日高線・鵡川~様似間の復旧断念

  JR北海道は、不通になっている日高線(鵡川~様似間)の今後の在り方について、沿線自治体と協議を行ってきましたが、話が平行線でまとまらないこともあり、復旧を断念し、正式にバスに転換すると発表しました。  JRだけでは、どうしようもないことは分かっていましたが、北海道や沿線市町村とのお話が進展を見せないのでは、廃止になるのもやむを…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道>3線廃止検討

 JR北海道は輸送密度が、1日1キロ当たりの乗客数が200人未満の3区間を廃止する方向で検討しているそうです。  廃止対象となっているのは、以下の3線。     札沼線 北海道医療大学~新十津川間  81人   根室線 富良野~新得間           155人   留萌線 深川~留萌間             177人…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道>留萌線・箸別駅

 信砂から箸別へ移動。  この駅も、仮乗降場からの昇格につき、ホームは板切れ。  この駅は工場の敷地内にあるようで、出入り口の道がバリケードで封鎖され、外部からどうやって駅にアプローチするのか?よくわかりません。  意外性のある面白い駅です。 箸別駅 駅名標 駅への入り口ですが、工場の敷地の様子です …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道>留萌線・信砂駅

 阿分から歩いて信砂へ。  途中、雨に降られましたが、何とかたどり着きました。  周囲は住宅街なのですが、人通りは少なかったです。  この駅の待合室にも同業者の先客が、いらっしゃいました。  廃止迫っていますので、皆さん各駅巡っていますね。(笑)    信砂駅 駅名標
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道>留萌線・阿分駅

 増毛から阿分へ移動。  この駅は、仮乗降場が前身のため、板切れのホーム。  目の前には学校もあり平日はにぎわっているのではないか?と思いましたが廃校で、乗降客は、やはり1名以下とのこと。  もう少し利用されても良い気がしますが・・・  阿分駅 駅名標 発着する列車
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道>留萌線・増毛駅

 礼受から増毛へ移動。  この先に線路は無い、行き止まりの駅。  増毛町の中心だけあって、町も少しだけにぎわいありました。  駅舎には、地元の海産物を扱うお店が隣接しています。  駅前の観光案内所では、記念切符や資料の展示が行われていました。  鉄路が廃止されると、人通りはさらに減りそうな感じがいます。 増毛駅 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道>留萌線・礼受駅

 沿岸バスで礼受駅に移動。「れ」で始まる、全国でも5つしかない、珍しい駅です。  こちらの駅舎も、元車掌車を活用した駅でした。  海沿いの集落の駅ですが、乗降人員は平均1名以下だそうです。  にもかかわらず、同業者が3人いました・・・(笑)  海が近いのが良いです。 礼受駅 駅名標 到着する列車…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道>留萌線・瀬越駅

 舎熊から瀬越へ列車で移動。  瀬越駅は海沿いの駅でさびしい雰囲気ですが、山側には住宅街が広がっています。  このギャップが、いいですね。  瀬越駅 駅名標 瀬越駅に到着した列車
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道>留萌線・舎熊駅

 朱文別駅から歩いて舎熊駅へ。  住宅街で近くに郵便局もありますが、こちらも利用客が1名以下の駅だとか・・  駅舎は、車掌車を活用した駅舎です。  こちらも、同業者多数で、秘境っぽくないんですが・・・(笑)  なお、歩いている途中、車庫と思しき建物に、無くなった池北線の駅名票が多数飾られていました。  たぶん、鉄道好き…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道>留萌線・朱文別駅

 12月4日限りで廃止となる、留萌線の末端区間の各駅に乗降してきました。  まずは、朱文別駅へ。  この駅は、前身が仮乗降場という事もあり、木製ホーム(通称:板切れ駅)です。  先日の報道によれば、過去5年間の1日平均乗降客が1人以下ということですが、海側には漁村が広がっていますので秘境というわけでもありません。私が利用した時…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

JR西日本>三江線は2018年3月31日限り

 JR西日本は、 9月30日に三江線の鉄道事業廃止届出書を国土交通大臣へ提出しました。  廃止予定は2018年4月1日(日)、最終日となる3月31日は土曜日ですので、大混雑しそうです。   http://www.westjr.co.jp/press/article/2016/09/page_9318.html  この路…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熊本電気鉄道>さよなら「青ガエル」

 2月14日をもって、熊本電気鉄道の5000形(青ガエル)が廃止となりました。  60年近い年月、活躍してきましたが、夏場に冷房が無い。老朽化により故障も多く廃止となりました。  今後は、元東京メトロの01形での運用となります。 5000形
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西武鉄道>安比奈車両基地計画廃止

 西武鉄道は2月10日の決算発表で、安比奈車両基地の整備計画を廃止し、減損処理することを発表しました。  車両基地のために確保されていた土地は、川越市と協議し別な用途へ転用される見込みです。  これで、半世紀ほど休止扱いとなっていた安比奈線は正式に廃止される見込みです。  安比奈線跡
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR東日本>大志田、浅岸駅廃止

 JR東日本・盛岡支社は、来春のダイヤ改正で、山田線の大志田、浅岸駅を廃止すると発表しました。  これにより、上米内の次は区界となり、この間25.7キロに駅は無くなります。まさに、日本のチベット。   http://www.jr-morioka.com/cgi-bin/pdf/press/pdf_1449814403_1.p…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道>普通列車削減

 少し古い話になりますが、JR北海道が来年3月のダイヤ改正で実施する普通列車削減の具体策を提示しました。  http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2015/151127-1.pdf  この削減案が実行されると、札沼線の浦臼~新十津川間の列車は1日1往復に  秘境駅で名高い、小幌駅に停車する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

急行>はまなす

 来年3月で廃止される、急行「はまなす」に乗車してきました。  ブルトレの面影を有する、唯一の列車ですが、使用されている客車(特に14系)は、かなり痛み激しいです。  よくこれまで、使われてきたな! という印象でした。  週末は、名残り乗車が多く、寝台車、カーペット車、指定席とも満席でした。  最後まで事故なく元気に走っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR西日本>三江線廃止へ

 JR西日本は、三江線(三次~江津間)108.1kmを2017年にも廃止する方向で、地元自治体との協議を始めたそうです。  三江線といえば、2006年、2013年と豪雨による被害を受け、利用客が少ないこともあり、廃止が俎上にあがっていましたが、なんとか復活してきましたが、今度被害を受けたらそのまま廃止という事にもなりかねないでしょ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カシオペア、はまなす廃止

 北海道新幹線・新青森~新函館北斗間の開業日が3月26日と決まりました。  新幹線の開業に伴い、「カシオペア」、「はまなす」の廃止も正式に発表されました。  青函トンネルの信号システム切り替えのため、3月22日~25日の間は、海峡線運休となるため、ラストランは3月20日発もしくは、21日発となる模様です。  青函用の後継機…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

阪堺電気軌道>上町線・住吉公園~住吉間廃止

 阪堺電気軌道は、上町線の住吉公園~住吉間0.2キロを2016年1月30日限りで廃止することを発表しました。  突然すぎるきらいもありますが、2014年のダイヤ改正で、平日4往復、休日5往復で朝しか運航されない路線となっていましたので、予想された事態でもありました。  廃止されても、近くに「住吉鳥居前」がありますので、困る人は少ない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北斗星ラストラン

 本日の上野着をもって、「北斗星」の運行がラストとなりました。  上野駅は混むので、東十条で狙いましたが、こちらも混雑していたので、電柱が邪魔な状態になりました。  一方、「カシオペア」、「はまなす」は2月までの運行が決定しました。  「はまなす」がここまで残るとは思わなかった。 ゴールまでわずか・・ さような…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR東日本>大船渡線、気仙沼線はBRTで復旧提案

 JR東日本は7月24日、沿線自治体へ気仙沼線と大船渡線の鉄路復旧を断念し、BRTによる本格復旧を提案しました。  これに対して、沿線自治体は、気仙沼市を除き、本案をおおむね評価。次回会合時に各自治体の考えを提示する予定となっています。   鉄路での復帰は厳しそうですね。   何とも残念ですが、本格的にBRTでの復旧となる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道>5駅廃止へ

 列車以外ではたどり着けない秘境駅として名高い、JR北海道・室蘭本線の小幌駅が10月にも廃止される方向だそうです。  私自身は降りたことありませんが、鉄道ファンしか降りない駅を維持しても、しょうがないという事のようです。  また、来年3月には、石北本線の、上白滝、旧白滝、下白滝、金華の4駅について廃止する方向で調整が進んでい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道>留萌線廃止検討

 JR北海道は利用客が減り続けている留萌線の廃止を検討しており、今後の具体的な進め方について沿線自治体に意向を伝えたそうです。  2016年春の北海道新幹線の開業、度重なる事故の発生もあり、事業の選択と集中を進めていく方針を明らかにしており、廃止の流れは止められないものと想定されます。  廃止時期は2018年度に、留萌~増毛間の部分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more