テーマ:ローカル線

JR東日本>只見線復旧で基本合意

 2011年7月の豪雨で、橋脚が流される等の甚大な被害を受けた、只見線の会津川口~只見間の復旧に向け、上下分離方式での復旧に向けた調整が進められていましたが、関係者間で合意しました。  締結した合意文書によれば  ・鉄道で復旧  ・復旧後の運転本数は、被災前と同じ3往復。  ・復旧工事はJR東日本が実施し、1/3をJR東…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道>日高線にDMV導入?

 JR北海道が廃止を打ち出した、日高線・鵡川~様似間。  沿線自治体は、被災区間の復旧を断念しますが、DMVを導入することで被災区間は道路を走行し、他の区間は鉄路を走行させることを検討することにしたそうです。  実現に向けての壁は高いと思われますが、JR北海道が導入断念した技術を誰が主導で技術開発するのでしょうか?  日常…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

JR北海道>日高線・鵡川~様似間の復旧断念

  JR北海道は、不通になっている日高線(鵡川~様似間)の今後の在り方について、沿線自治体と協議を行ってきましたが、話が平行線でまとまらないこともあり、復旧を断念し、正式にバスに転換すると発表しました。  JRだけでは、どうしようもないことは分かっていましたが、北海道や沿線市町村とのお話が進展を見せないのでは、廃止になるのもやむを…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

JR西日本>亀嵩駅

  駅舎が蕎麦屋で名高い「亀嵩駅」   松本清張の「砂の器」で名高い駅でもあります。   駅そばを食べたくて、初下車し、割子蕎麦(700円)を食しました。   店内ではお土産用のそばやグッツの販売も行われていました。ネットでも購入することができます。     扇屋さん  http://www.kamedakesoba…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR西日本>出雲坂根駅

   木次線の見どころである、出雲坂根の三段式スイッチバック。  JR西日本では、ここだけに存在します。  並行する国道314号線も、ループ橋(おろちループ)や三井野大橋が車窓に広がり、運転手の車内放送も行われていました。  冬場は運休となることも多いので、乗車するなら今ですね。 出雲坂根駅に停車中の木次線気動車 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR西日本>備後落合駅

  岡山から新見経由で備後落合へ。   3路線が交差するジャンクション駅だが、山間の小駅。   周囲に人気は無く、静かな駅です。   利用客は1日当たり15人(乗り換え客を除く)だとか・・・。 備後落合駅に停車する芸備線列車
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR西日本>三江線に乗車

 2018年3月末で廃止となる、三江線。  そろそろ、お別れ乗車の動きも始まり、にぎわっているようです。  先日、江津発6:00の列車で、三次まで乗りとおしましたが、2両編成に増結されていました。  折り返しの三次発9:57、石見川本行が、日のある時間帯に三江線を走行することができる唯一の列車で混雑するためのようです。折り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR東日本>北上線・平石駅、矢美津駅は冬季通過

 JR東日本、北上線の平石駅及び矢美津駅の2駅は利用客も少ないことから12月1日より3月31日まで、全列車通過措置を実施するそうです。  周囲に民家もありますが、利用客いないのですね。  利用客がいないのであれば、近い将来、廃駅となる可能性もありそうです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道>10路線13線区の存続見直しへ

 JR北海道が自社での存続が困難な路線を18日にも公表する予定ですが、その路線・線区が判明しました。  対象線区は1,200キロに及び、保有路線の50%に相当する異常な事態です。  対象路線は以下の通り。 今後の動向に注目です。 <廃止の方針>  1.札沼線 北海道医療大学~新十津川  2.根室線 富良野~新得  3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道>3線廃止検討

 JR北海道は輸送密度が、1日1キロ当たりの乗客数が200人未満の3区間を廃止する方向で検討しているそうです。  廃止対象となっているのは、以下の3線。     札沼線 北海道医療大学~新十津川間  81人   根室線 富良野~新得間           155人   留萌線 深川~留萌間             177人…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ひたちなか海浜鉄道>キハ205

 3月5日のひたちなか海浜鉄道では、キハ205が運用に入っていました。  だいぶ、色あせているように見えますが、狙っているんですかね?    キハ205  
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

JR北海道>日高線復旧長期化

 JR北海道は、厚賀~大狩部間の土砂流出により不通となっている日高線の復旧に約57億円、最小限の工事を実施した場合で約26億円の費用が掛かると発表した。しかも、前者の場合は、工期未定。後者の場合でも30か月かかるとの試算結果になっております。  まぁ。本当に重要な路線なら、必死に復旧させるでしょうから、お金を注ぎ込んでまで、やりた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道>留萌線4/29より運行再開

 雪崩や土砂崩壊の危険性が懸念されたため、2月23日から終日運休となっていた留萌線の留萌~増毛間の運行が、4月29日より再開されました。  先日、北海道に行きましたが、日高線が運休となっていることは告知されていましたが、同区間が運休となっていたことを初めて知りました。(汗)  運休になっても、あまり困っている人いないということですね…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR東日本>山田線不通区間を三陸鉄道に譲渡

 東日本大震災の被災により運休となっているJR東日本・山田線(宮古~釜石間)ですが、JR東日本が復旧工事を行った後、沿線自治体に無償譲渡。三陸鉄道が運行を引き継ぐ案を沿線自治体がのむ方向で合意に達したとのこと。  今後、復旧への道筋が示されることになると思います。    鉄路として復活させるのは、この案しかないでしょうね。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大井川鐵道>大幅減便へ

 大井川鉄道が3月26日に実施するダイヤ改正が発表されました。  2期連続で最終赤字を出しているということで、大井川本線は、現在上下28本から18本(2本は区間運転)  井川線は上下8本から6本になります。  このほか、鉄道事業の9割を稼ぎ出す、SLの運行はそのまま残ります。  子のダイヤ改正により、大井川本線の運転間隔…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR東日本>山田線被災区間

 新聞・報道で明らかになりましたが、JR東日本は、東日本大震災で不通となっている山田線(宮古~釜石間)につき、線路復旧の上、三陸鉄道に譲渡する意思を表明しました。  当初はBRTでの復旧を目指していましたが、沿線自治体が頑なに拒否していましたので、それに代わる代案ということなのでしょう。    線路での復旧を目指すのであれば、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

信楽高原鉄道>復旧へ

 9月に襲った台風18号による増水で鉄橋が流され、全面運休が続き、廃線の危機にあった信楽高原鉄道ですが、当初想定されていた復旧費用の削減が見込まれ、国からの災害復興費が支給される見込みとなったことから、復旧する方向で現在調整中です。  復旧は2014年度中。冬前の復旧を目指しているそうです。  信楽高原鉄道は、何度も廃線の危…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道>江差線部分廃止

 1年後の廃止へ向け沿線自治体との協議が進められていた、江差線(木古内-江差間)の廃止日が決定しました。  廃止日は2014年5月12日。運行最終日は5月11日(日)となります。  GW期間中にひと稼ぎしようという魂胆見えますね。  昨年11月に乗ってきましたが、もう一回くらい乗りに行きたい・・・と考えています。 江…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道>江差線(木古内~江差間)廃止へ

 2015年度に予定されている北海道新幹線の開業により、江差線の五稜郭~木古内間は、第3セクター鉄道に移管されることが決定しています。  これにより枝線となる木古内~江差間については、存続は厳しいと思われていましたが、JR北海道は正式に2014年度初頭に廃止したい旨を正式に発表しました。  思い起こせば、木古内~江差間は、198…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

ひたちなか海浜鉄道>旧型車両

 3月17日、E657系の初乗りを兼ね、ひたちなか海浜鉄道に行ってきました。  あいにくの雨でしたが、団体客が入っていたようで、旧型車両3両が走っていました。  拠点駅の那珂湊駅は、ツアー客が押し寄せ、物品即売所も開設されていました。  このようなツアー客が、ローカル線を支えるエネルギーになっているのですね。  もっとも、旧…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

秋田内陸縦貫鉄道>愛称決定

 秋田内陸縦貫鉄道が公募していた路線愛称が  「あきた♥美人ライン」  に決定したそうです。  宮脇俊三氏の「時刻表2万キロ」等の著書に、「美人が多い」との記述もあり、秋田美人の産地ということでの愛称だと思われますが、ちょっと言い過ぎのような気もします。  まぁ、愛称はノリが大事なので、深くは追求…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

十和田観光電鉄>廃止へ

 十和田観光電鉄は、鉄道施設の更新や修繕の費用について沿線3市町に支援要請を行っていましたが、従来の枠組みを超えた財政支援分については、支援を拒否。  これにより、十和田観光電鉄は廃線に向けて進む方向となりました。  正式には、今月上旬に開催される同社の取締役会で方針を決定。中旬に予定されている「十和田観光鉄道活性化協議会」…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

がんばろう!東北 乗車記念証

 東日本大震災により、東北地方の民鉄は太平洋沿岸部の路線に甚大な被害を受け今も運休中です。  一方運行を再開した路線は、観光客の減少等により利用客が減っており、経営的に苦しい状況です。  そのような環境の中、国土交通省東北運輸局、東北観光推進機構の後援により、東北鉄道協会加盟13社局による「がんばろう!東北 ローカル線ご乗車・ご…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

樽見鉄道>廃線の危機

 大垣~樽見間を結ぶ第3セクター樽見鉄道沿線自治体がつくる樽見鉄道連絡協議会は、毎年1億円前後の赤字が続く樽見鉄道の支援打ち切りを検討しているようです。  転換当初は、貨物輸送もあり安定した経営でしたが、貨物廃止後は厳しい経営が続いています。  沿線人口も減り、各自治体の財政状況も厳しいですから、打ち切りとなる可能性はかなり高い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上信電鉄>デキ1型電気機関車

 横川からの帰りに高崎で途中下車し、上信電鉄の高崎駅周辺を散策。  駅脇の留置線に1924年に導入された、デキ1、デキ3が休んでいました。  この機関車、車籍は有するものの定期運用はなく、2007年の脱線事故による損傷で長期離脱状態となっています。  いつの日か復活し、元気に本線走行する姿を見たいですが・・・ デキ1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

会津鉄道>新型AIZUマウントエクスプレス

 2010年5月30日から営業を開始したAT-750/AT-700形による快速列車「AIZUマウントエクスプレス」に乗車した。  車体は会津地方のマスコット「あかべぇ」をイメージした塗装で、車内は木目調の壁、窓枠とあっていないが、回転リクライニングシートを採用するなど、会津鉄道の看板列車として、精一杯の投資が行われている。  先…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上毛電気鉄道>大胡駅

 大胡駅には、上毛電気鉄道・上毛線の車両基地がある中核駅で、赤城駅と共に終日有人駅である。  ここの駅舎は木造駅舎で、国の登録文化財に指定されている。   上毛電鉄大胡駅  ここの車両基地に保管されているデハ101は、製造後80年超で、いまだイベント車両として営業運転を行っている数少ないツリカケ駆動の電車である。  私…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上毛電気鉄道

 群馬県の前橋と桐生を結ぶ上毛電気鉄道に乗りに行ってきた。  この鉄道には、元京王電鉄井の頭線で活躍していた3000系が装いも新たに700型電車として走行している。  本家の京王電鉄でもまだ2編成残っているが、本家の7色を超える8色のフェイスマスクを備えている。  このうち、4本の編成を紹介する。 714F(水族館編成) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

銚子電鉄(3)

 入線する車両あれば、引退する車両有り。  702号は、澪つくし号ユ101と一緒に外川に留置されていました。 702号@外川  車庫のある仲の町には、綺麗に塗装されたデキがいました。後ろの701号は廃車予定の模様。   綺麗になったデキ@仲の町  もう一本の新型車両2002号はイオンのラッピング。1001号は桃鉄…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

銚子電鉄(2)

 笠上黒生駅で、交換待ち合わせ。  やって来たのは、2000形。元伊予鉄道800形。さかのぼれば、京王電鉄2000系である。  京王の現役時代を彷彿させると云われているグリーンの塗装となっている。  もっとも、京王の現役時代の姿は知らないが・・・・。  ちなみに、2000形は2両編成での運行。輸送容量は倍になった。  …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more