JR西日本>おおさか東線の運行体系を発表

 2019年春におおさか東線の新大阪~放出間の開業が予定されています。
 開業後の運行形態について、JR西日本より正式発表がありました。

 これによれば、新大阪~奈良間の直通快速を1日4往復、新大阪~久宝寺間の普通列車を1時間当たり4本運行するとのこと。ほぼ、現在の運行体系を踏襲するようです。
 なお、現在直通快速は、奈良~尼崎間の運転で、久宝寺、放出のみの停車ですが、奈良~新大阪間となり、JR河内永和、高井田中央に新たに停車します。

 車両は、直通快速が321系や207系、普通列車は201系が使用されます。

https://www.westjr.co.jp/press/article/2018/11/page_13393.html

画像

2008年3月のおおさか東線部分開業日


 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック