阿佐海岸鉄道>2020年度にDMV運行開始


 2020年度(2021年春頃)のDMV導入に向け、今後の動きが明らかになってきました。
 計画によれば、

  夏まで:牟岐線の牟岐~海部間で運休
  夏の終わり:阿佐海岸鉄道全線で運休
 となりバス代行。

  モードチェンジ部は、牟岐線の阿佐海南駅と甲浦駅に設置。

 運行再開時に
  牟岐線の阿佐海南~海部間は、JR四国から阿佐海岸鉄道に移管される。
  JR四国の列車は、阿佐海南までの乗り入れとなり、阿佐海岸鉄道が、阿佐海南~甲浦間を運行
  阿佐海南駅の線路は、物理的に切断された状態となるので、今後直通列車は運行できなくなる。
  とのことです。

 DMVの運行区間は
 
   阿波海南文化村~道路~阿波海南駅=鉄路=甲浦~道路~海の駅 「東洋町」~道の駅「宍喰温泉」

 となるようです。
 阿佐海岸鉄道としては、未知の世界に取り組むことになり、吉凶のどちらに転ぶかわかりませんが、新たなチャレンジは称賛に値しますね。

Imgp9327.jpg
 
  

"阿佐海岸鉄道>2020年度にDMV運行開始" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。