JR西日本>201系2023年全廃

 JR西日本は、2020年度から2023年度にかけて、JR京都線・JR神戸線向けに、225系電車を144両新製投入することを発表しました。  これにより、221系の置き換えが進められ、余剰となった221系は、おおさか東線、大和路線の201系電車を置きかえ、201系は廃車となります。  JR西日本地区には、103系や113系電…
コメント:0

続きを読むread more

JR東日本>東北新幹線・福島駅大規模改良工事に着手

 報道によれば、JR東日本は山形新幹線の運行のボトルネックとなっている福島駅の大規模改良工事に着手を始めたそうです。  具体的には、工事に必要な用地買収が始まったそうで、これから正式アナウンスがあると思われます。  改良工事の概要は、現在14番線で「つばさ」の分割併合を実施している作業を、上りは11番線で実施する為のアプロー…
コメント:0

続きを読むread more

JR東日本>埼京線・渋谷駅ホーム移設

 渋谷駅で建設中の新しい埼京線ホームの利用開始日が、6月1日に決定しました。  これにともない、5月29日の夜から6月1日の早朝にかけて、埼京線、湘南新宿ライン、相鉄直通線は運休となり大崎、新宿での折り返し運転となります。  工事完成後は、埼京線と山手線ホームが並列となり、乗り換え、アクセスが向上します。  なお、従来ホームは…
コメント:0

続きを読むread more

JR九州>日田彦山線不通区間はBRTで

 2月12日に実施された「第5回日田彦山線復旧会議」で、JR九州から提案されていたBRTでの復旧案について議論が行われました。  東峰村以外の福岡県、大分県、添田町、日田市からは、おおむね良好に受け止められていることが報告されています。  次回3月の会議で、BRTでの復旧を軸にして、議論が進められる予定です。  これで、不…
コメント:0

続きを読むread more

渋谷駅>青ガエルが秋田・大館へ引っ越し

 2006年に渋谷駅・ハチ公口に保存展示されていた旧東急5000系(通称:青ガエル)。  渋谷駅再開発工事に伴い処遇が検討されていましたが、この度ハチ公像のモデルの秋田県の出身地である大舘市に引き取られ保存展示されることになりました。  移設は5月~6月頃に実施される予定で、間もなく見納めとなります。  過去には、いろいろ…
コメント:0

続きを読むread more

阪堺電気軌道>恵美須町駅移設

 一昨年の台風21号により被災した駅施設の復旧、バリアフリー化に よる利便性向上を目的として、恵美須町駅の駅舎が2月1日より、100mほど南に移設されました。  新駅舎の移設に伴いホームも移設され、恵美須町から各駅の営業キロ程が変更となり、一部区間で運賃等が変わりました。 旧恵美須町駅
コメント:0

続きを読むread more

JR東日本>IZU CRAILE(伊豆クレイル)ラストラン

 小田原~伊豆急下田間で運転されている「IZU CRAILE」が、臨時列車として運転されますが、6月28日をもって、ラストランとなることが発表されました。  登場は2016年ですので、活躍期間は4年余り。651系の改造とはいえ、仲間はまだ元気に走っていますので、何とももったいない気もします。
コメント:0

続きを読むread more

京王電鉄>2月22日ダイヤ改正

   京王電鉄は2月22日にダイヤ改正を実施します。  いつもは、週末金曜日に実施することが多いですが、今回は土曜日の改正となります。  主な内容は、5000系を1本増備したことによって、「京王ライナー」の増発が主になります。  増発は、   朝の上り3本(京王八王子1本、橋本2本)   夕方の下り4本(京王八王子2…
コメント:0

続きを読むread more

阿佐海岸鉄道>2020年度にDMV運行開始

 2020年度(2021年春頃)のDMV導入に向け、今後の動きが明らかになってきました。  計画によれば、   夏まで:牟岐線の牟岐~海部間で運休   夏の終わり:阿佐海岸鉄道全線で運休  となりバス代行。   モードチェンジ部は、牟岐線の阿佐海南駅と甲浦駅に設置。  運行再開時に   牟岐線の阿佐海南~海…
コメント:0

続きを読むread more

JR東日本>気仙沼線、大船渡線 4月1日廃止

 JR東日本は、東日本大震災により被災し、運休となっている   大船渡線 気仙沼~盛   気仙沼線 柳津~気仙沼  の区間を4月1日付で鉄道事業を廃止することにしました。  既に、この区間はBRTで事実上バス化されていますので、現状と大きな変更は無いと思われます。  気になる点は、これまで鉄道代行だったので、18き…
コメント:0

続きを読むread more

京王電鉄>「鉄道探偵と56年前の犯人」ヘッドマーク

 1月10日から3月22日までの予定で開催されている、京王電鉄と東京都交通局の謎解きイベント「鉄道探偵と56年前の犯人」  このイベントとタイアップしたヘッドマークが9046F編成に掲出されています。  イベント終了後は、イベント参加の商品として提供される模様です。    
コメント:0

続きを読むread more

JR東日本>3月14日、常磐線全線復旧

 東日本大震災の影響で、長期間にわたって運転を見合わせていた、常磐線の富岡~浪江間の復旧が3月14日に決定しました。  当日より、普通列車22本、特急列車6本が運転されます。  特急列車は、「ひたち」が10両編成のまま、3往復が仙台まで延伸されます。  震災前の計画であった、いわき~仙台間の連絡特急は、計画変更により白紙に…
コメント:0

続きを読むread more

JR東日本>気仙沼線、大船渡線廃止日を繰り上げへ

 1月9日に行われた東北運輸局の沿線自治体などへ、廃止後の住民の利便性確保について聴取が行われ、沿線自治体は、おおむねBRTの利便性を評価し、廃止へ向けて一歩進んだ状態となっています。  また、JR東日本は、廃止日を4月1日に繰り上げる希望を提示したとのこと。  支障となる状況もないので、3月末で鉄道路線が廃止されることになりそ…
コメント:0

続きを読むread more

JR貨物>2020年春ダイヤ改正

 JR貨物もダイヤ改正を予定しています。  主な内容は以下の通り。   松山貨物駅移転リニューアル開業    松山駅高架化により、新設のJR四国・南伊予駅に隣接した貨物駅に移転。   需要が高い区間の輸送力増強    5本の列車で、搭載できるコンテナ数を増やす   大型コンテナネットワークの拡充    35ftコン…
コメント:0

続きを読むread more

JR九州>2020年春ダイヤ改正

<九州新幹線>  臨時「みずほ」を定期化 <福岡地区>  821系を追加投入。  鹿児島線の朝通勤時間帯に時刻や車両を変更。 <長崎地区>  新型YC1系ハイブリッド車を投入し、長崎~佐世保間で運転  3月28日に、長崎、浦上駅を高架化。長崎駅の頭端式ホームが無くなります。 <鹿児島地区>  日中…
コメント:0

続きを読むread more

JR四国>2020年春ダイヤ改正

 JR四国のダイヤ改正概要です。  四国は、地域密着型です。  岡山駅での接続改善により、広島・博多方面への所要時間短縮。  すべての特急「南風」が宇多津駅に停車  日中時間帯の高松駅の発車時刻を統一  北伊予~伊予横田間に南伊予駅を設置  「ミッドナイトEXP高松」の時刻を30分繰り上げ  土日運休の普通列車8本…
コメント:0

続きを読むread more

JR西日本>2020年春ダイヤ改正

 JR西日本のダイヤ改正も新幹線がメインとなっています。  主なものをかいつまむと <山陽新幹線>  「のぞみ」の所要時間を短縮  1時間あたり「のぞみ」を最大6本運転  「みずほ」を1往復増発  福山駅、新山口駅に「みずほ」が新規停車 <在来線特急>  特急「はるか」を全列車9両編成で運転  特急「くろしお」…
コメント:0

続きを読むread more

JR東海>2020年春ダイヤ改正

 JR東海の目玉は、東海道新幹線のN700系への統一による、全列車での285km/h運転の開始。  これにより、1時間当たりの「のぞみ」の運転本数が10本から12本に増えます。  12本というと、およそ5分間隔。通勤電車並の運転ですね。  東京駅のホームは増えませんので、折り返し時間がさらに短くなり、15分で折り返すことになる…
コメント:0

続きを読むread more